高額商品を扱う=高利益となるわけではない




高額商品が高利益とはならない

ブランド財布のような高額商品を販売すれば、高利益が取れるだろうと思っていますが、
それはちょっと認識が甘いと思います。例えば、販売価格3万円の財布を2万5千円で仕入れしたと仮定すると、
単純計算(手数料は無視)した場合には、5千円の差益が出ます。

一方、販売価格5千円のCDを500円で仕入れしたと仮定すると、
単純計算(これも手数料は無視)した場合には、4千5百円の差益が出ます。

どちらを選ぶかと言われた場合、500円で仕入れ可能なCDを選びます。

理由は言うまでもないですね(^_^;)

仕入れ価格を抑えることが出来るし差益もほとんど遜色がないので
無理にブランド財布を購入する必要はないと判断します。

ただ、ブランド財布の方が販売する期間が早いと判断した場合には、
CDではなくブランド財布を選択します。

この判断を誤ると、いつまでたって売れない商品を在庫に抱える羽目に
なってしまいます。

「この商品ならこの位の期間で売れるだろう」と言う感覚は、
過去に販売した経験則に基づくものも多いので、単にAmazonの情報だけを
頼りにすると判断ミスが多くなります。

…と言っても物販ビジネスの初心者さんがそんな感覚を持ち合わせている
訳もないですよね。

そんな場合には、「この商品はどの位の期間で売れそう?」って聞ける仲間か
師匠を持つのが最良の方法です。

ですが、身近に物販ビジネスをやっている方が見つかるとは限らないので、
結局はトライ&エラーを繰り返して覚えるしかないんですよね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA