カードで仕入れをする場合のポイント




カードで仕入れをする場合にはこう考える

カードで仕入れをする場合、支払いするまでの期間は現金が不要ですので、
手元に資金がなくてもすぐには困りません。

ただし、仕入れした商品が支払いをする期限内迄に売れなければ、
資金回収が出来ないので持ち出しとなるのは、以前の記事でも書いた通りです。

では、

カードで仕入れは出来ないのか?

…と言うのは早計です。

確実に売れると判断出来る商品ならば、カードで仕入れをしても、
支払い期限内に資金回収は可能です。

ここでのポイントは、

確実に」と言う点です。

例えば、売れ筋商品で、市場の在庫も少ない商品ならば、
高回転で回わる可能性は高いです。

どうしても欲しいと思う購買者が、こぞって買うので、
商品が売れ残るケースはほぼないのです。

後は「確実に」売れるかと言う点ですが、それは自助努力です。

そうは言ってもどうすれば良いかわからない方もいると思いますので、
ヒントを書いておきますね。

  • 商品化された元(ドラマ、映画、書籍等)の話題性
  • 購買者の購買意欲をそそる内容(特典内容)が商品にあること
  • 発売量が限定されている(プレミアム性)

…と言うところです。

この三点は、別にカードで仕入れする場合でなくても活用出来るので、
覚えておいて損はしないと思いますよ。

リピート商品なら気にせず仕入れが出来ます

先にあげた商品は単品仕入れの場合の話です。

これがリピート商品だったら、確実に売れるのでどんどん仕入れを
しても残るリスクはほぼないですね。

ただし他の出品者が大量に増えてしまうと、リピート商品であっても
売れるスピードは格段に遅くなるので、そこはよくチェックしておく
必要はありますよ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA