安心はここから!情報資産を守ろう




サーバーは情報資産を守る要(かなめ)です

ブログやホームページを個別に構築する際には
サーバーを用意する必要があります。

レンタルサーバーはとてもたくさんありますが、
何処でもいいのかと言うとそこは良く考えるべきです。

何故かと言うとブログやホームページの情報は情報資産なので、
サーバーに何か問題があると、その内容が消えたりする
危険性が高くなるからです。

ファーストフードように単に安いと言う基準で選択するのは
お勧めしません。

あれ?消えたかも。。。

ここで過去の失敗体験をちょっと
お話したいと思います。

ある日、ブログの更新をしようと思いサイトを開こうとすると、

設定の反映待ちか、存在しないアドレスです。
しばらく時間を置いてから、再度アクセスをお試しください

と言うメッセージが画面に出ました。

僕「ん? サイトが開けない。どうしたのだろう?

と思い少し調べた結果、
なんと操作ミスでドメインを消してしまったんです。

他のサイトを作り直そうと思って操作したつもりが、
必要なドメインを消したようです。

僕「うーんまずいな、個別バックアップしてたかな?

そう思いながら確認しましたが、
やはりバックアップ情報はありませんでした。

ドメインを戻せるか?

ここはダメ元でサーバーの管理会社のサポートセンターに
メール連絡をしました。

すると、翌日には回答が来ました。

結果としては、ドメインを消してもファイルは消えないので、
ドメインを再度追加すればサイトの表示が可能との事でした。

やれやれ一安心だと思い、
ドメインの追加指定をして数時間待ってみました。

何か指定を間違えた?

ところが、サイトを表示しようとすると、

このウェブスペースへは、まだホームページが
アップロードされていません。

と言う表示が出てしまい、そこから先に進みません。

WordPressのインストールも出来ている状況なので、
全く見当がつきません。

そこでファイルの中を見ると、
index”と付いている名前のファイルが2つありました。

このファイルは1つしか必要ないので、
不思議に思って、少しググってみました。

そうすると、片方のファイルは自動的に追加されたものと
言うのを突き止めたので、片方のファイルを消すと、
サイトは正常に表示されました。

まとめ

今回のような話は、頻繁にある事ではないですが、
サーバーを使う場合、こう言うトラブルもあると言う事を覚えて
おいて欲しいです。

ググって全て自己解決出来ればいいですが、それでは解決
出来ない事も出てきます。

その場合、頼れるのはサーバーのサポートセンターです。

僕の使っているサーバーはエックスサーバーと言うところですが、
何年も安定した環境を提供し続けてくれています。

また今回のようなトラブルがあっても、
サポートセンターからは24時間以内には回答をもらえるので、
とても頼もしいです。

もしサーバーを何処にしようかと悩んでいるのでしたら、
エックスサーバーも選択肢に加えてみてください。


ご参考までに他社との比較表を載せておきますね。

[table id=1 /]
補足説明

  • サーバーの比較はスタンダードプランで行っています。
  • 費用を抑えたい方は「ロリポップ」「さくらのレンタルサーバー」をお勧めします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA