何故、資金が残らないのか?




手元に残らない理由はこれです

物販ビジネスをしていると直面するのが、
資金が残らない」と言う現象です。

たくさん売れて売上げもかなり増えているのに、資金がさっぱり
残らないと言う事が起こります。

その理由は明確にわかっています。

それは「売上げた資金を全額仕入れ代金に充てている」からです。

仮に毎月数千万の売上げがあっても、この現象は起こります。

大量に仕入れをするために資金が必要なので、それを賄うのに
全て消えていくからです。

どうすれば現金が残るのか?

仕入れをやめると言う選択肢はあり得ないと思いますが、
売上げの全額を仕入れに充てるのではなく、

そこから仕入れ代金を差し引いてお金が残るような仕入れをしましょう。

例えば売上げが50万あったとします。

そこから売上げの半分の25万の範囲で仕入れをします。
仕入れた商品が売れたら、また売上げの半分の資金で仕入れをします。

そうすれば、手元に資金が徐々に残るようになります。

月商自慢をするために売上げを増やさない

このパターンも多いのですが「月商〇〇〇万円だぜ!」と吹聴するために
売上げを増やしている方もいます。

これも見かけだけで、純利益を考えるとほとんどないか、
若干赤字と言う方も多いです。

キチンと利益が出ないと意味がないので、むやみに売上げを増やすと
言う事もしない方がいいです。

まとめ

仕入れは売り上げの全部を使うのではなく、一部を使って行うように
しましょう。それから売上げもむやみに増やすのではなく、
キチンと利益が出ていることを確認することが重要です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA