覚えないから淘汰される




楽な仕入れだけでは痛い目にあう

効率性を重視した仕入れをするのは良い事ですが、そこに着目し過ぎると
痛い目に合います。

それは”すぐに模倣されてしまう”と言う事です。

効率性が高い=簡単に出来る

と言う事なので、やり方さえわかれば誰でも模倣するのは簡単ですよね。

そんな事はないよ」と思うでしょうが、最近はツールや手法も多くの方が
開示しているので、真似をしようと思えばいくらでも可能です。

どうすればいいのか?

売れた商品を見ると仕入れをする力が徐々についてくるものです。

例えば売れた商品の何処を見るかと言うと、

  • 製造メーカー
  • 商品の種類
  • 季節性

と言うような部分です。

製造メーカーを見るのは、そのメーカーの別商品の販売状況を
確認します。

売れている商品があれば、それを仕入れ対象にしてみましょう。

また商品の種類は、同じ種類の商品の販売状況を確認して、
これも売れている商品があれば仕入れ対象に加えます。

季節性を見るのは、商品によって特定の季節に良く出るものが
ありますので、その季節に合った他の商品を仕入れ対象にしてみます。

と言った具合に1つから発展させていく事によって、
仕入れ対象はどんどん増えて行きます。

もちろん他の出品者との兼ね合いもありますので、何でもかんでも
仕入れ対象にすると、売れ残る可能性もあります。

キチンとモノレートなどを確認した上で仕入れをしましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA