リサーチの絶対量が足りない




それでは見つからないはず

リサーチしても商品が見つからない」と言う方がいますが、
どの程度の数をリサーチしてますか?

ひょっとしたら100や200商品程度で諦めてません?

電脳の場合、リサーチした商品の1%から2%位の割合でしか販売に
耐えうる商品は見つからないと思います。

だから100件リサーチしても、
1つか2つ見つかればよい方です。

リピート商品の比重が高いのでしたら、大量にリサーチしなくて
もいいでしょうが、

常に新たな商品を扱う場合には、大量にリサーチしないと売るものが
なくなってしまいます。

そんなに大量にリサーチ出来ない

と思うでしょうが、工夫をすれば可能です。

それは外部委託をするか、ツールを活用すると言った方法です。

どちらを選択しても費用はかかるので、
それを加味しても利益が出せるようにしないと意味がありません。

簡単なのはツールを活用する方法ですが、
プレ値商品を見つける程度なら手動でも見つける事は容易です。

そうではなくて、売れる商品を見つけると言うのがポイントです。

だからプレ値商品は売れるでしょ?

と思うでしょうが、

物販ビジネスの初期段階に手始めに取り扱うものとしては
いいのですが、継続して販売するならそこから離れないと手詰まり
を起こしてしまいます

売れる商品とはプレ値じゃなくても、売れるものです。

じゃあ売れる商品何かと言う所ですが、

それは人それぞれの考えもあるので、これがいいよと言う固定した
ものでもありません。

  • 商品ジャンル
  • 商品状態(新品、中古)
  • 価格帯
  • 利益率
  • 売れるスピード

こう言うものを総合的に判断して、
売れる商品」と言うものが導き出されます。

だから一概にこれがいいよとは言えないんですよね。

よくメルマガ等で「これが売れる商品」と称して紹介されていますが、
個人的な主観に基づいた結果ですので、

それをそのまま扱っても自分の思ったように売れなかったり、
売れ残って意気消沈しても、それは自己責任ですね。

私の場合、そう言う情報は全てスキップしていますので、
何の問題も起きませんが、もしそれらの情報を参考にするのでしたら
自分で裏を取ってから利用するのをお勧めします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA