テーマをそのまま使ってませんか?




テーマは更新すると戻ってしまいます

WordPressのテーマを使う場合そのまま使っていませんか?

えっ?それはダメなの?

何も考えていなかったよ

と言う方が多いのではないでしょうか?

確かにWordPressのテーマは導入すればそのまま使えるのですが、
そのテーマが更新された時に自分で設定していた内容が元に戻ってしまうんです。

これはテーマを更新をすることによって、テーマ内容が書き変わることが原因です。

ではどうすればいいと思います?

 

子テーマを合わせて導入しよう

実はテーマには「親テーマ」と「子テーマ」と言うものが存在しています。

子テーマ」は「親テーマ」の機能を継承しているのと同時に、
機能を追加したり調整したりするために利用するテーマなんです。

よって、テーマに独自設定を行う場合、
親テーマ」の設定を変えるのではなく
子テーマ」を変えることによって、新しい「親テーマ」で自分独自の設定が上書き
されるのを防止することが出来るんです。

STINGERのような有名なテーマは、必ず「子テーマ」が別に用意されていますので、
自分で作ると言う手間もなく、提供された「子テーマ」を利用すればいいと言う
メリットがあるんです。

STINGERの子テーマを追加する事例

  • WordPressの外観からテーマを選択します。
  • 子テーマ」が入っていない方は「STINGERx Child」と言うテーマが
    インストールされていない状態になっています。
  • STINGERのサイトから「子テーマ」を入手します。
  • 入手した「子テーマ」をインストールして「有効」にします。
  • 子テーマ」をカスタマイズします。
注意事項
親テーマで個別設定をしていた方は、そのままインストールすると全て設定が戻ってしまうので、事前にバックアップを取ることを忘れずに!

「子テーマ」に変更した後は、「親テーマ」を更新しても個別設定した箇所が影響を
受けることがなくなりますので、何度も同じ設定をやり直す必要がなくなるので、
お勧めしたい方法です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA