噂話に左右されないこと




いくらなんでもそれはないです

メルマガはたくさん講読していますが、
何処から仕入れた情報なのかわかりませんが、

Amazonが特定商法の表記強化の一環で連絡先に電話をかけていて、
それに出れないとアカウントが停止や剥奪されると言う話です。

それはいくらなんでも
と思いますが、そう言う話を信用する方もいるようです。

もしどうしても気になるのでしたら、Amazonのサポートセンターに
問い合わせをして真偽を確認すると言うのが一番確実な方法です。

ちなみに、問い合わせ方法は以下の通りです。

セラーセントラルに表示されている「ヘルプ」をクリックする。

「お問い合わせ」をクリックすると、問い合わせ画面が表示されます。

このたぐいの話はいくらでも発生しますが、ライバルを蹴落とすために
発信している可能性もあるので、必ず自分自身で確認をしましょう。

規制は厳しくなるのは当然です

どのネットショップであっても、購入する方の不利益になる事由を排除しないと、
他のショップなどに顧客が流れてしまいますので、規制が厳しくなるのは
当然の話です。

勿論キチンと販売している出品者には、それなりの対応もしてくれます。
出品を推奨する商品の連絡も適宜入りますので、個人的には何ら問題は
感じていません。

商売とはプラットホームだけで成り立っているのではく、
出品者との協力関係が重要と言う事です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA