プラモデル戦略では歯が立たない




全く同じ内容では意味がない

広告ビジネスの情報商材をこれから活用しようと考えている方に
言いたいのは、提供された内容をそのままトレースするだけでは
全く意味がないと言う事なんです。

この方法で儲かるって話だけど..」と思うのは、非常によくわかります。

僕も同じ事を考えていましたから(笑)

残念ですが、その考えを変えない限りすぐに行き詰まってしまいます。

その理由ですが、
自分としてのオリジナリティがないと第三者が見た時に、

あぁこのサイトはあれと同じだ」と思われて、

サクッと次のサイトに移動されてしまいます。

自分で試行錯誤して自分の色を出すと言うところが重要ポイントなんです。

プラモデルのように与えられたものを組み立てると、
完成すると言うものではないんです。

僕もここに至るまでにいくつもの情報商材を買い続けました。

大量の動画とPDFの教材を提供して後は質問があれば言ってくれと言うものや、
キーワードを見つけてサイト増産しろと言うものがほとんどで、
本当に重要なポイントを明確に教えてくれるものは皆無でした。

唯一1つだけ気づかされた商材はありましたが、その話はまた別の機会にします。

自分が何を提供出来るのか?

まずは今の自分が何を提供出来るのかと言う事をよーく考えて欲しいんです。
情報商材に頼るのはそれからでも遅くないです。

誰に」「何を」と言うところが、ぶれたり曖昧だと提供内容が
ボヤけたものなってしまいます。

例えば、
誰に」と言う部分は、

30代男性サラリーマンで、毎日通勤電車にギュウギュウ詰めになりながらも、
歯をくいしばって生活して週末の休暇を楽しみにしている人

何を」と言う部分は、

今の生活をもっと楽にするために新しい稼ぎ方を提供する

と言うようにより具体的に考えてみて下さい。
ここはとても重要なところなので手を抜かないでよく考えて欲しいんです。

「誰に」「何を」が決まった後は

「誰に」「何を」と言う部分が決まった後は、情報商材を買ってみて
そこから仕組みを作り出すのもいいでしょうし、そんな情報は不要と言うの
でしたらすぐに取り掛かるのも一つです。

ただし、コーチ的存在がいないと途中で挫折する可能性が高いです。

広告ビジネスが芽を出すまでの期間は、自分が思う以上にかかりますので、
それまでモチベーションを維持し続けるためにコーチ的存在が必要です。

色んな情報が錯綜していますが、最低でも三か月以上で、半年から1年は
全く利益が出ないことも覚悟しておかないと続きません

何故そんなに時間がかかるのか?

そのビジネスモデルを考えればよくわかるはずです。

このように広告記事を見て行動してくれる方が出てくるのは、
そのサイトに相応のアクセスがないとダメなんです。

僕が「記事を書こう」と言うのはサイトに相応のアクセスが発生しないと
行動してもらえないからなんですよ。
ただしクオリティの高いものと言う条件付きですからね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA