知ってます?長ければ良いわけじゃないんです




そもそも意味を理解しています?

広告ビジネスの場合、記事の文字数について
1000文字以上(もしくは1500文字)が必要だよと言う話を見聞きします。

では、何故たくさんの文字数が必要と言われているか、
そもそもの意味を理解していますか?

それは、記事の文字数が少ないと内容が薄くなるので、
読まれない記事になってしまうからなんです。

また、広告を出す側の事を考えるとわかると思うのですが、
記事を見てくれる事によって、広告も見てくれる機会が増えるので、
記事をしっかりと書きましょうと言う話なんです。

単に長いだけの記事に意味はない

この記事何だかつまらないな~」と思われてしまい、
サクッと次のサイトに移られてしまいます。

え~そんなこと言われても…」と思うでしょうが、
自分がネットを見ている時の行動を考えると

そういう行動を取りますよね?

文字数を稼ぐために意味のない文章を追加する行為は、
読み手を飽きさせてしまうと言う結果になります。

記事の構成はこう考えよう

では、記事を書く場合、どのような構成を取ればいいのかと
言うと以下のようなスタイルが考えられます。

・タイトル部分
まずここが一番重要です。
キャッチーなタイトルがついていると読み手が気になって
記事を読むきっかけになります。

・導入部分
読み手が知りたいことが記事に書かれているか最初に判断する
情報になりますので、しっかり書く必要があります。

・小見出しと記事
記事をいくつかに分けて書く場合、小見出しをつけながら、
まとめていきます。

なお分け方ですが、記事の内容を展開させる場合には、
いったん小見出しをつけて分けると良いですね。

まとめ

記事を書く場合、単にダラダラと長く書くのではなく、記事構成を
考えながら、書いていく事も必要ですね。

単なる日記でしたら、好きなように書いても良いのですが、
自分の資産にするつもりがあるのでしたら、
その気概で書いていきましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA